毛ガニの食べ方

『毛ガニ』は、全身に短い剛毛が生えていることからこのように呼ばれるカニです。大変美味であり、北海道の名産物としても知られています。小さめのカニですが、そこには濃厚な味わいが詰まっています。

『毛ガニ』とは?

毛ガニは別名を『オオクリガニ』と言い、アラスカ沿岸、北海道沿岸、日本海沿岸、三陸沿岸と、広い範囲で獲ることができます。ただし、数が多いわけではなく、漁獲できるのは甲の長さが8cm以上のオスに限定することで保護されています。脱皮してまだ間もなく、甲羅が硬くなっていないカニも放流されます。漁獲する時期なども漁協や自治体が制限し、毛ガニの乱獲による減少を防いでいるのです。

毛ガニのおいしさ

毛ガニの美味しさの特徴は、少し旨みにまろやかさがあって上品なこと。身が詰まっており、しかも殻が柔らかいので、ばきばきと脚を折って食べるのも楽です。そして、毛ガニを食べるなら、甲にぎっしり詰まった『ミソ』を食べなくちゃ始まりません!!濃厚で甘みがあり、じんわりと口に広がる美味しさを思い出すと、今にも毛ガニが食べたくなる・・・!という日本人は多いのではないでしょうか?

毛ガニの食べ方

毛ガニは解体されず丸ごとボイルしたものが売られています。まず、甲から脚を切り離します。包丁よりもはさみを使うと上手に切れますよ。甲と腹は少し力を入れると蓋のように外すことができます。ミソがこぼれないように甲を下にしてミソを受け止めましょう。腹部のふんどし(カニのお腹の部分)やひらひらとした『えら』などの食べられない部分をはさみで切って解体していくと、中の身も上手に取り出すことができます。味噌汁に入れて『鉄砲汁』にしても、カニの出汁と身の旨さが際立ちますね。